5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は高田馬場管絃楽団を聴きに後楽園まで行ってきました。
目当てはフランクの交響曲ですが、前プロの交響詩は余り聴く機会がないですし、中プロのグノーも楽しめる曲。ドビュッシー、ラベルが含まれないオールフランスものという興味深いプログラムです。

高田馬場管絃楽団第86回定期演奏会
日時:2015年7月19日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:文京シビックホール 大ホール
フランク/交響詩「呪われた狩人」
グノー/歌劇「ファウスト」よりバレエ音楽
フランク/交響曲ニ短調
グノー/歌劇「ファウスト」からワルツ(アンコール)
指揮:森山 崇

なかなかの熱演でした。特にフランクの交響詩と交響曲は迫力十分でした。

フランクには交響詩が数曲有るようですが、たまたまCDで交響曲にカップリングされているのを聴いたことがある位。「呪われた狩人」は今回が初めて。プログラムに載った粗筋は今一つピンと来ませんが、緊迫感の漲った演奏でした。

続いてグノーのバレエ音楽。「トロイの娘たちの踊り」を始め美しい曲が揃っています。演奏も良い意味でリラックスした感じで良かったと思います。弦のアンサンブルはなかなか素敵でした。

後半は再びフランク。指揮者もオケも気合十分で、集中力に溢れた力演だったと思います。欲を言えば、もう少しフォルテの部分での響きやアンサンブルの精緻さ透明感が有ればという気がしましたが・・・。個人的ですが、フランクにはそうした要素が欲しいと思います。

次回(来年1月16日)は、ショスタコービッチの9番とオルフの「カルミナ・ブラーナ」他という面白い組み合わせのコンサートです。




スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
やはり。。。
当日、出演しておりました。やはり、フォルテでは音が割れてしまいましたか。残念です。
感謝したいのは交響曲が終わった後、聴衆の皆さんが残響が終わるまで拍手を待ってくれたことです。ありがとうございました。
2015/07/31(金) 10:23:26 | URL | 出演者 #-[ 編集 ]
Re: やはり。。。
生意気言って失礼しました。
確かに暫く余韻を楽しみたいと思います。

> 当日、出演しておりました。やはり、フォルテでは音が割れてしまいましたか。残念です。
> 感謝したいのは交響曲が終わった後、聴衆の皆さんが残響が終わるまで拍手を待ってくれたことです。ありがとうございました。
2015/10/10(土) 14:41:45 | URL | 幻也 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。