5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は壮年検診明けで、しばらく我慢していたワインを久方振りに飲みました。

銘柄は、ポルトガルワインの専門店、播磨屋でネット購入したヴァスコ・ダ・ガマ(赤)。
この値段(943円)なので、凄いワインでは当然ないのですが、こういう食事の邪魔にはならない普通のワインは貴重。

播磨屋でのお気に入りは以下。夏向きの白が多いのですが・・・。
①カザルガルシア ヴィーニョヴェルデ白:播磨屋のベストセラー。微発泡でアルコール濃度も控え目。めっちゃ暑い日にピッタリ。
②ペリキータ 白:ゲヴェルツやヴィオニエのような果実っぽいワインは食事に合わないと思っているのですが、このペリキータは何故か飲めちゃいます。
③ランサーズ ロゼ:ビンの形がユニーク過ぎて注文するのに勇気が必要?でも美味しいと思います。
④ドウロ エヴェル 白:正統派の良い白だと思います。

こうした個性的なワインショップ、是非、頑張って欲しいと思います。




スポンサーサイト
テーマ: - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。