5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この三連休は色々な事情からコンサートは24日に行くこととなり、2週連続で練馬文化センターとなりました。慶應Kプレミアムオーケストラは、前回(昨年12月)、メンデルスゾーンの「宗教改革」他を聴きに行きました。

慶應Kプレミアムオーケストラ第4回定期演奏会
日時: 2012年11月24日(土) 14:30開演(14:00開場)
場所: 練馬文化センター大ホール
千住明/「STORY」
シベリウス/交響詩「フィンランディア」
チャイコフスキー/組曲「白鳥の湖」より
シベリウス/交響曲第2番二長調
チャイコフスキー/組曲「胡桃割人形」よりトレパック(アンコール)
指揮:横山奏

楽器の不調からの?トラブルは有りましたが、前回より安定していたように思いました。シベリウスの2番は、コンサートでないと聴く機会がほとんど無い曲ですが、最後まで集中した演奏だと感じました。客席もかなり一杯で、最初使用していなかった2階席を休憩時間に急遽開放するほどでした。

前後しますが、最初に指揮者が登場する前にいきなりオケだけで演奏がスタート。チラシに無かったのでちょっとビックリしましたが、慶応にゆかりのある千住明さんに作曲をお願いした曲(STORY)だそうです。



スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。