5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はドイツロマン派円熟期の重厚なフルコースを味わいに川崎へ。東京アマデウス管弦楽団の設立40周年記念コンサートとのことです。

東京アマデウス管弦楽団第79回演奏会
日時:2013年9月23日(月祝)14:00開演(13:30開場)
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール
ワーグナー/楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
ブルックナー/交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク1890年版 第2稿)
指揮:ジェフリー・リンク

フルコースをたっぷり堪能させて貰いました。オケも大変だったでしょうが、十分に安定した演奏振りで最後まで緊張感を保った熱演だったと思います。曲が曲ですのでともかく圧倒されました。

ブルックナーではテンポの揺れが少ない演奏が好みですが、今日のジェフリー・リンク氏の指揮はテンポ自体は普通でしたがそうした感じ。フレーズを無理にレガートで引っ張ることはなく、良い意味でスッキリした演奏だったと思います。

次回(12月22日)は、パルテノン多摩で第9他とのことです。




テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。