5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年のコンサート初めは、千葉フィル&金子建志氏の「悲愴」を聴きに津田沼へ。
「悲愴」のほかは、シベリウスにバルトークというちょっと面白い組み合わせです。 「エン・サガ」は昔よく聴いた曲ですが、生は今日が初めてなので楽しみ。「中国の不思議な役人」は、選曲もそうですが一般的な組曲版でないというところも、さすが千葉フィルという感じです。

千葉フィルハーモニー管弦楽団 第30回演奏会
日時:2015年1月10日(土)開演:18:00(開場:17:15)
会場:習志野文化ホール
シベリウス/ 交響詩「エン・サガ」
バルトーク/ 「中国の不思議な役人」ハイライト
チャイコフスキー/ 交響曲第6番「悲愴」
シベリウス/ 交響詩「フィンランディア」(アンコール)
指揮:金子建志

難曲(中国の不思議な役人)を含んだ盛り沢山なプログラムでしたが、大いに健闘されていたと思います。

オープニングは「エン・サガ」。コンサート終了後に金子氏が話されていましたが、今年はシベリウスの生誕150周年で、それもあって採り上げたということのようです。今回は通常の改訂版での演奏。弦が分散和音を繰り返すシベリウス独自の書式はかなり大変そうでしたが、曲のドラマティックな持ち味は良く出ていたと思います。

次は 「中国の不思議な役人」。組曲版でカットされた接続部もそのまま演奏するという内容(終結部は組曲版と同じ)。オケとしては今日のコンサートのポイントだったのではないかと思いますが、かなり弾き込まれたのではないでしょうか。集中した演奏で終結部も迫力十分で楽しめました。

後半は「悲愴」。プログラムに第1楽章の第1主題の初形が紹介されていましたが、へえーという感じ(初形の方がより音楽的かもしれませんが、切迫感や焦燥感が出てこないように思いました)。演奏ですが、プログラムにある「死の告知」のリズムがさりげなく強調されていたように感じましたが、全体としてはとてもオーソドックス。第1楽章の展開部直前のppppppは原譜通りFgでした。

次回(8月2日)は、マーラーで今日と同じ6番の交響曲(悲劇的)ほかとのことです。




テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。