5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ土日になかなか時間が取れなかったのですが、今日は何とかやり繰りして船堀へ。
グラズノフは今月11日に7番を聴きましたが、今回はさらに珍しい?というか今日を逃せば次にいつ聴けるか判らない1番がプログラムイン。その他は1番繋がりでベートーヴェンとの組み合わせ。
ラスベート交響楽団ですが、2年前にチャイコフスキーのマンフレッド交響曲での重厚で個性豊かな演奏が鮮烈に記憶に残っています。

ラスベート交響楽団第32回定期演奏会
日時:2016年1月31日 (日) 14:00開演(13:30開場)
場所:タワーホール船堀 (大ホール)
モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」より序曲 K.492
ベートーヴェン/交響曲第1番ハ長調 Op.21
グラズノフ/交響曲第1番ホ長調 Op.5
エルガー/愛の挨拶(アンコール)
指揮:秋山 俊樹

目当てはグラズノフでしたが、ベートーヴェンも大変楽しく聴けました。指揮者は前回と同じく秋山俊樹氏ですが、往年のドイツ風というか重厚でガツンと来る演奏。9曲の中では軽めの曲のはずなのに、今日は一大シンフォニーという感じでした。

グラズノフは、もちろん?今日が初めて。予想以上に充実した聴き応えのある作品でした(後年手を入れたようですが)。4楽章が少しまとまりに欠ける感じですが、その他の3つの楽章はどれもなかなか魅力的。メロディーの美しさでは分は悪いですが、カリンニコフの1番と良い勝負では。もう少し演奏されても良い曲だと思いました。オケは多少厳しい箇所はありましたが、秋山氏の指揮同様に気持ちの入った熱演で最後までしっかり聴かせてくれました。

次回(8月7日)ですが曲目未定と。ラスベート交響楽団ではこれまでグラズノフの交響曲は2、4、5、6を採り上げてきたとのこと。次は2楽章のメストが素晴らしい8番を期待したいところです。





スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。