5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日も先週に続いての名曲シリーズ。
ちょっとご無沙汰していたチャイコの5番を聴きに船堀まで出掛けてきました。
METT管弦楽団は今回初めて。「旧制東京高校出身者を母体とする伝統あるオーケストラですが、今は色々な大学のOB・ОGが集まって」というオケとのことです。

METT管弦楽団第20回スプリングコンサート
日時: 2016年3月27日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所: タワーホール船堀大ホール
ニコライ/「ウインザーの陽気な女房たち」序曲
スメタナ/交響詩「ボヘミアの森と草原から」
チャイコフスキー/交響曲第5番
チャイコフスキー/アンダンテ・カンタービレ(アンコール)  
指揮:久世 武志

HPに「団員の年齢層が高いことが当団の特長のひとつ」とありましたが、確かに弦のメンバーを中心にこれだけシニアなメンバーが多いオケは初めて。菅はエキストラが多いのか、少し若い感じでした。ただ、シニア中心の弦が、若々しいというかとにかく元気な演奏。音色、音程などは流石に厳しい場面も有りましたが、ハードなチャイコの5番のフィナーレも最後まで力強いあっぱれな演奏。枯れた雰囲気は微塵も無く、シニアパワーの凄さにビックリしました。

次回は(9月22日)、練馬文化センターでシューマンの1番、ブラームスの悲劇的序曲、ハイドン変奏曲とのことです。



スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。