5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はもちろん「バビ・ヤール」が目当て。オケは、昨年3月にショスタコーヴィチの交響曲第4番で物凄い力演、熱演を聴かせて貰ったオーケストラ・ダスビダーニャ。ショスタコーヴィチを専門にしているオケです。

オーケストラ・ダスビダーニャ第21回定期演奏会
日時:2014年2月11日(火)14:00開演(13:00開場)
場所:すみだトリフォニー大ホール
ショスタコーヴィチ/映画音楽「女ひとり」より抜粋
ショスタコーヴィチ/映画音楽「馬あぶ」より ロマンス (アンコール)
ショスタコーヴィチ/交響曲13番「バビ・ヤール」
指揮者:長田雅人
バス:岸本力
テルミン:濱田佳奈子

前半は映画音楽「女ひとり」から11曲、初めて聴く曲です。映画自体はご当局受けしそうな筋のようですが、音楽はスパイスの効いた行進曲やギャロップ、激しいスケルツォなど、ショスタコーヴィチの持ち味が十分発揮された曲ばかり。第7曲では”世界最古の電子楽器”であるテルミンが大活躍。テルミンは異次元的な音色ですし、奏者が楽器には全く触れずに空中で両手を動かして演奏する様を見ていると本当に不思議な気がしました。1曲だけでは残念と思っていたところ、「女ひとり」の後にアンコールのサービス。なかなか得難い体験でした。

後半は「バビ・ヤール」。入口で配られたプログラムは何と30ページ以上有る大変充実したものでしたが、その割に歌詞の記載が無いなと思っていたところ、ちゃんと字幕が用意されていました。
オケは相変わらずの素晴らしい腕前。合唱団も相当に練習を積まれているようで、とても力強く安定していました。バスの岸本力氏はロシア歌曲の第一人者とのことですが、曲を隅々までご存じのようで、身振り手振りも交えての熱唱でした。長田雅人氏の指揮は曲の厳しさ、激しさを存分に表現されていたと思います。

「バビ・ヤール」はとても気軽に聴けない重たい内容を含んでおり、単純に「良かった」とか「感銘した」とは言い難い大曲ですが、ともかくこれだけの演奏を聴かせて貰って大満足でした。

今日が21回目の定期演奏会とのことで、交響曲で残るは14番のみ(2番、3番も演奏されているのですね)。14番は大編成オケの曲ではありませんが、これも大変な名曲なのでいつか採り上げて貰いたいと思います。




スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。