5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は少し早いのですが、魅力的なオケ、ホールに惹かれて第9を聴きに行くことにしました。

プロースト交響楽団第20回定期演奏会
日時:2014年11月30日(日)14:00開演(13:15開場)
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール
ドヴォルザーク/交響詩「金の紡ぎ車」
ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調「合唱付」
ソプラノ:馬原 裕子
メゾソプラノ:富岡 明子
テノール:小原 啓楼
バリトン:浅井 隆仁
合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団
指揮:大井 剛史

素晴らしい演奏だったと思います。久し振りに第9を堪能できて大満足でした。

前プロはドヴォルザークの「金の紡ぎ車」。第9との組み合わせは余りピンときませんが、指揮者の大井氏が以前もコンサートで採り上げていたようです。ドヴォルザークの交響詩は劇的要素に乏しく正直それほど魅力は感じないのですが、大井氏はとても手慣れた感じの指揮振りで、ドヴォルザークらしい抒情性は良く出ていたと思います。

後半はメインの第9。やや早目のテンポによる(特に第3楽章)引き締まった熱演でした。オケの技術はとても安定していましたし、独唱者も合唱団も素晴らしい出来で安心して聴き浸れました。加えて、暖かく包み込まれるような何とも豊かなホールの美しい響き。これだけ揃ったコンサートはそうないのではないでしょうか。演奏終了後の歓声・拍手も凄かったと思います。

次回は(来年5月17日)、ラプソディ・イン・ブルーとチャイコの5番他と。ホールは引き続きミューザ川崎だそうです。






スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。