5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はタコ10を聴きに池袋へ。
中プロは今回初めてその名前を知った橋本國彦の交響曲。大正から昭和の時代に掛けて活躍した方のようですが、そんな時代の作曲家がどんな曲を書いていたのか興味をそそられます。

新交響楽団第229回演奏会
日時:2015年4月19日(日)14:00開演(13:00開場)
会場:東京芸術劇場コンサートホール
ショスタコーヴィチ/祝典序曲
橋本國彦/交響曲第2番
ショスタコーヴィチ/交響曲第10番
指揮:湯浅卓雄

このところ上手なアマオケの演奏会が続いていましたが、久々に聴いてみると、さすが新交響楽団という感じ。弦が金管や打楽器に負けないでしっかり弾かれていましたし、アンサンブルの精度は見事。意欲的なプログラムを堪能できました。

祝典序曲は、正直積極的にはなれない曲ですが、コンサートのオープニングには恰好。オケの演奏はバンダも含めて金管がとても揃っていて見事だったと思います。

中プロは橋本國彦の交響曲。プログラムに「ブラームスの交響曲を彷彿させる」と有りましたが、自分としてはフォーレのドリー組曲とかショーソンの交響曲に近いように感じました。1947年という終戦間もない時期に作曲されたのがちょっと信じられない抒情的な旋律に満ちた牧歌的な曲。改めて見るとショスタコービッチと橋本國彦はほとんど同世代(橋本が2歳上)、1953年作のタコ10と作曲年代もほとんど変わりません。
方やジダーノフ批判にさらされ大戦終了後も大変だったとは言え、ショスタコービッチとの余りの曲想の違いに考えさせられました。

後半はタコ10。最初は大きな構えでゆっくり目のテンポで始まりましたが、少しずつ加速して第1楽章の展開部辺りではキビキビしたテンポ。オケの技術も安定して表現力十分でした。続く第2楽章も最後は豪快に畳み掛ける演奏で、思わずブラボーの声が掛かっていました。ショスタコービッチでポイントのピッコロは音程を取るのが難しい楽器だそうですが、さすが新交響楽団。ピシッと決まって安心して聴けました。湯浅氏は曲の構成をくっきり浮き立たせる指揮振りだったと思います。

なかなか聴き応えのあるプログラムでしたが、今後の演奏会予定を見ていて思わずにんまり。次々回(10月12日)はシュミットの交響曲4番他と。大好きな曲ですが、昨年12月に聴き逃してしまいました。暫く聴けないと諦めていたので、今からとても楽しみです。





スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。