5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は珍しくグラズノフが1番、7番と続いています。そんな中で今度は名作5番、しかも組み合わせがR.シュトラウスのオーボエ協奏曲となると、出掛けずにはいられませんでした。
日曜日の夜という時間帯ですが、2階エントランスは長蛇の列でビックリ。カラー・フィルハーモニックは今日が初めてですが、全体としてかなり若い感じのオケ。観客も若者が多い印象でした。

カラー・フィルハーモニック・オーケストラ 第5回演奏会
日時: 2016年2月21日(日)19:300開演(19:15開場)
場所: 杉並公会堂・大ホール
ワーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
R.シュトラウス/オーボエ協奏曲 ニ長調
グラズノフ/交響曲第5番 変ロ長調
クラリネット:クリスティーナ・ゴメス・ゴトイ
指揮:マティウス・グランダー

魅力的なプログラムとは言え「さすがに月曜日がキツイなあ」という気もしたのですが、来てよかったと思いました。オケの技術は確かでしたし、会場は杉並公会堂。とても充実、満足の日曜の夜となりました。

オープニングはマイスタージンガー。アマオケでは結構弾かれる曲ですが、今日は出だしから柔らかく輝かしい見事な響き。俄然R.シュトラウス、グラズノフへの期待が高まります。
中プロのソロは来日中のシュターツカペレ・ベルリンの首席奏者。舞台に登場するとかなり小柄な方。そういう印象もあってか、音色はとても繊細でした。素敵な響きがホール全体に広がり、改めて名曲だと感じました。

後半は目当てのグラズノフ。この曲ではムラビンスキーの来日公演CDの素晴らしい演奏が記憶に残っています。グラズノフの8曲の交響曲の中でも最右翼に数えられることが多いようですが、確かに1番、7番と比べても力強さや豊かさ、多彩さの点で少し抜けているように思います。オケの安定した演奏もあってたっぷり楽しませて貰いました。

とても魅力的なオケでしたが、次回も(6月12日)同じ杉並公会堂で日曜日の19:30からブルックナーの5番(同じく変ロ長調ですね)とのことです。



スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。