5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はイケメン好きの妻と一緒。昨年豊島区管弦楽団で若々しくハツラツなモーツアルトを披露された佐々木新平氏が指揮するオーケストラ・ルゼルの第9回演奏会です。
 
オーケストラ・ルゼルの第9回演奏会
日時: 2012年1月21日(土) 18:30開演(18:00開場)
場所: ティアラこうとう 大ホール
ベルリオーズ/ 「ローマの謝肉祭」序曲
バルトーク/ピアノ協奏曲第3番
リスト/愛の夢3番(アンコール)
ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」
アンダーソン/ 春が来た(アンコール)
ピアノ:原田 絵里香
指揮:佐々木 新平

少し遅刻してしまいベルリオーズが終わったところで会場へ。今日は朝から冷たい雨が振り続けていましたが、ほぼ満員の盛況。バラバラで座ることに。

バルトークのピアノ協奏曲は、弦チェレや弦楽四重奏曲4番などとは打って変わって透明、平明な曲との印象でしたが、生でピアニストの弾き振りも見るとやはり大変な曲だと思いました。2楽章の前半は何となくベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏曲(15番3楽章)を思わせますし、中間部は夜の音楽、3楽章はマジャル節が炸裂。原田さんのピアノは繊細・多彩で、曲が持つ多彩な表情を良く弾き分けられていたと思います。オケも良く寄り添っている感じ。原田さんは、ソロだけでなく最後のアンコールの春が来たにも登場されていました。

次は新世界。佐々木さんの指揮は、前回同様、けれんみの無い明解な指揮ぶり(と素人ながら感じました)。快適なテンポで颯爽とした演奏でした。そう言えば、モーツアルトの40番では丹念に繰り返しを演奏されてましたが、新世界の1楽章提示部の繰り返しは無し。あと、4楽章のコーダで「あれ?こんな早かったっけ」という箇所がありました(慣習でルバート?)。何れにしても、モダンで快適な演奏。オケも良く鳴っていたと思います。

気持ちの良い演奏会で、雨は降り続いていましたが、駅までの帰り道が来た時よりも暖かく感じられました。



スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。