5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近バタバタして書き損なっていました。バックデートになりますが、簡単に。
プログラムとしは正直それ程そそられるものではなかったのですが、東京楽友協会交響楽団は、演奏もそうですが、曲目も普通のアマチュアオケ離れした楽団なので・・・。
~確か前回はマーラーの9番。

東京楽友協会交響楽団 第92回定期演奏会
日時: 2012年4月1日 13:30開演(13:00開場)
場所: すみだトリフォニーホール
ブラームス-シェーンベルク/ピアノ四重奏曲第1番ト短調(管弦楽版)
コダーイ/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」
リゲティ/ルーマニア協奏曲
指揮:田部井 剛

リゲティが、意外と普通で面白かった。かなり前のN響アワーで庄司紗也加が弾いた同じリゲティのVnコンチェルトが記憶に残っていますが、リゲティってこういう曲も書いていたのですね。

ブラームス-シェーンベルクは、シェーンベルクらしい精緻で結構色彩的なオーケストレーションだと思いました。オケも相変わらずお上手。 

プロオケでも組みにくい、とても凝った意欲的プログラムだと思いました。


スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。