5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイノラ交響楽団は、北欧フィンランドを代表する作曲家ジャン・シベリウスの音楽をこよなく愛するアマチュア演奏家たちによって2000年12月に設立された楽団とのこと。目当ては交響曲第6番 。ちょっと地味ですが、7番と並んで(4番、5番以上に)大好きな曲。

今日は本当に良かった。
6番も素晴らしかったのですが、佐藤さんのVnがとりわけ良かった。けれん味がなく生き生きとしてグッと迫ってくる演奏でした。こう言っては何ですがオケも上手でビックリしました。


アイノラ交響楽団 第9回定期演奏会
日時: 2012年4月22日(日) 14:00開演(13:15開場)
場所: 杉並公会堂大ホール
シベリウス/2つの厳粛なメロディ 作品77
シベリウス/オーケストラのための3つの小品 作品96c 騎士風ワルツ
シベリウス/ヴァイオリン協奏曲ニ短調 作品47
シベリウス/交響曲第6番 作品104
ヴァイオリン:佐藤 まどか
指揮:新田 ユリ


今日はオールシベリウスですが、過去のプログラムを見ると、他の北欧の作曲家も採り上げているようです。次はニールセン、出来れば6番などだとグッドなのですが・・・。



スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。