5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWに1回位行きたいなと思ってところで少し前に見つけたのが今日のコンサート。なんと言ってもプログラムがお気に入りの曲ばかり。しかも会場はあの紀尾井ホール、正にGWにピッタリの曲ばかりなので、今日は久し振りに家内も一緒。

なお、星陵フィルハーモニー管弦楽団が日比谷高校OB・OGによるオケとのこと。たしかに会場ではそこかしこでミニ同窓会?で盛り上がっている雰囲気も。指揮者の小林氏もOBだそうで、多少アウェー感も有ったのですが・・・。

星陵フィルハーモニー管弦楽団 第49回演奏会
日時: 2012年5月4日(金祝) 14:00開演(13:00開場)
場所: 紀尾井ホール
フォーレ/組曲「ペレアスとメリザンド」
ロドリーゴ/アランフェス協奏曲
カルロス・ガルデル/想いの届く日(ギターソロ。アンコール)
リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェヘラザード」
ギター:大萩康司
指揮:小林幸人

素敵なホール、最高の選曲、大萩さんの素晴らしいソロ。悪い訳はありません。オケもたいへん健闘されていたと思います。小林さんの指揮は、ゆったりとしたテンポながら要所要所はかなりダイナミックな感じ。

そんなに大きくないホールですが、フォーレ、ロドリーゴは逆にピッタリ。アンコールのギターソロが曲も演奏も素晴らしかった。R-コルサコフは、もう少し大きなホールの方が良かったかも(座席がやや前寄りでしたが・・・)。シェヘラザード(Vnソロ)は、タップリとして豊かに響く声の持ち主でした。

次は来年の5月26日、場所は同じく紀尾井ホールとのこと(母校の近隣だからでしょうか?)。曲目は未定とのことですが、プログラムが楽しみです。



スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。