5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連ちゃんとなりますが、ブラームスの交響曲1番とピアノコンチェルト1番というド真ん中&ド直球のプログラムに魅かれ、再開発で街が一変した武蔵小金井駅へ。
オケの名前も「ヨハネス・ブラームス・フィルハーモニカー」とド直球。今年2月に指揮者福田光太郎氏によるTwitterでの1日限りの試演会呼びかけから始まったオケだそうで、今回が最初の正式演奏会。ただ、日本ブラームス協会やドイツ大使館が後援ということで、何か期待できそうな・・・。

ヨハネス・ブラームス・フィルハーモニカー 第1回演奏会
日時:2012年7月8日(日)14:00開演 (13:00開場)
会場:小金井市民交流センター
ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調
ブラームス/ワルツ15番(アンコール)
ブラームス/交響曲第1番 ハ短調
ピアノ:山口友由実
指揮:福田光太郎


良かったと思います。指揮者もピアニストもオケメンバーも若い方が多かったですが、変なケレンミのない直球勝負という感じの演奏。今日の2曲は特にそうしたアプローチが良く映える曲でしたし・・・。山口さんのピアノは最初ちょっと固い感じもしましたが、尻上がりに良かったと思います。

オケの演奏も安定していたと思いますが、メンバーには結構猛者が混じっている様子。開演前にプログラムを見てビックリしたのですが、5人のメンバー(ゲストとのことですが)のプロフィールが載っており、皆さん音楽を専門に専攻されコンクールにも出場されています。コンミスもどこかで見かけた方のように思ったのですが、東京楽友協会交響楽団でもコンミスを務められていた方でした。交響曲2楽章の最後の方のホルンとの掛け合ってのソロは本当に素晴らしい音色でした(相手のホルンの方も先のプロフィール掲載の5人のうちの1人?だと思います)。

次もやはりブラームス? そうだったらピアノコンチェルト2番が良いな・・・。など勝手に期待しています。



スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。