5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3連休も最後。一昨日と同じ杉並公会堂で、今日は暫くご無沙汰だったお気に入りのブラームスの交響曲第3番他です。アンサンブル・ジュピターは初めて。ネット(フロイデ)によると「早稲田大学フィルのOBとトレーナーを中心に、アマチュアの精鋭とプロの有志により構成」との紹介でしたが・・・。

アンサンブル・ジュピター 第8回定期演奏会
日時:2012年9月17日(月祝) 14:00開演(13:30開場)
場所:杉並公会堂 大ホール
モーツァルト/歌劇「イドメネオ」序曲
ストラヴィンスキー/バレエ組曲「プルチネルラ」
ブラームス/交響曲第3番 ヘ長調

確かに皆さんとてもお上手。プルチネルラは腕の見せ所が満載の曲ですが、どれも見事でした。春の祭典以降のストラヴィンスキーは捉えどころがなくてどうも苦手ですが、今日は大変楽しめました。

ブラームスは重厚で表情豊かな演奏だと思いました。アマオケでは、弦や木管の低い方やHrなどがモゾモゾすることが多いと思いますが、今日はそんなことは全くなし。ブラームスでは元々VaやVcが活躍しますが、この辺が充実すると曲全体がどっしりしてきます。3楽章の主旋律が戻って来るところのHrのソロも素晴らしい音色でした。

演奏会が終わって、ブラームスの3番は暫く良いかな?と。来月以降の演奏会スケジュールを再検討しようと思いました。


スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。