5拍子のワルツ集

クラシック音楽、アマチュアオーケストラ、ワイン、映画、テレビドラマetc.を勝手に語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ハイドンの交響曲第86番を目当てに遠征。先日(9月23日)の母体であるブロカート管弦楽団の定期演奏会で貰ったチラシで知ったコンサート。その時のメインは合唱付き大オーケストラによる惑星でしたが、今日は一転してモーツアルトやハイドンです。

ブロカート室内合奏団第4回演奏会
日時:2012年11月4日(日)14:00開演(13:30開場)
場所:かつしかシンフォニーヒルズ_アイリスホール
モーツァルト/セレナータ・ノットゥルナ
C.P.E.バッハ/チェンバロ協奏曲イ短調
ハイドン/交響曲第86番
指揮:吉川武典
チェンバロ:伊藤一人

モーツアルトも楽しめましたが、ハイドンはやはり名曲だと改めて思いました。オケも、これだけ人数が絞られると全員むき出しという感じですが、健闘されてたと思います。

とってもアットホームな演奏会。たまにはこういう演奏会も良いですね。




スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。